心電図と心臓カテーテル 15の落とし穴

試し読み

循環器診療の見落としや合併症リスクについて、15の症例をもとに解説。患者状態の把握に欠かせない情報の読み取り方がわかる。

ご注文

2,200円(税込)

著者 齋藤滋
高橋玲比古
ジャンル 臨床看護  > 心電図・人工呼吸器・検査  > モニター心電図
出版年月日 2013/12/20
ISBN 9784796523073
判型・ページ数 B5・96ページ
定価 2,200円(税込)
内容紹介
目次
循環器診療の現場にひそむ、見落としや合併症などのリスクについて、15の症例をもとに解説。
心電図波形や心臓カテーテル画像など、患者状態の把握に欠かせない情報の読み取り方がわかる。
1.合併症ゼロの壁──診断カテーテル中に胸痛が出現
2.初心忘るべからず──ベテラン医師によるPCI中の合併症
3.過ぎたるは及ばざるがごとし──よりよい結果を求めて起こった合併症
4.病は気から──心的外傷から発症する疾患
5.虫の知らせ──画像や心電図で異常がないのに意識消失
6.検査結果の不一致──心電図上肥大所見のない心肥大
7.予期せぬ出来事──ペースメーカーが入っているのに心停止
8.トイレという空間──長時間、乗り物に乗っていなくても危険
9.仕事中の動悸は冠不全?──頻脈発作を予知できる安静時心電図異常
10.不整脈+不整脈=?──心房細動なのに脈が規則正しい
11.虎穴に入らずんば虎子を得ず──狭心症の診断に有効な検査
12.失神の診断は難しい──一過性の意識消失発作へのアプローチ
13.便利さが仇となる──意図しない造影剤の長時間注入で・・・
14.救命活動の救世主──AEDを使いこなした面接官
15.自覚なき危険な状況──全身性疾患と心臓病変
心電図と心臓カテーテル 15の落とし穴

この本に関するお問い合わせ・感想

エキスパートナースWeb
プチナースWEB
看護学 学習参考書ご採用検討資料はコチラ
照林社メールマガジンのご案内
正誤表・修正のお知らせ
医教
ブンナビ看護(文化放送就職ナビ)
看護師 転職 看護roo!(カンゴルー)
na-su.com(ナースコム)
Nurse Partners
ナースの星 Q&Aオンライン