1. TOP >
  2. 書籍 >

病期・発達段階の視点でみる 小児 看護過程

著者名 編著/市江和子
ISBNコード 9784796525473
判型/頁 AB/200頁
定価 2,200円(本体:2,000円+税)
発売日 2021/12/15

この本の内容

  • 実習・演習でよく出合う疾患・発達段階を挙げ、看護過程の展開に必要な疾患の基礎知識、アセスメント、関連図、看護診断、看護計画、評価までをくわしく解説しました。
    これ1冊で、小児の看護過程はカンペキにできます!
    ●病期や発達段階の視点をもって小児看護が展開できる
    ●よく出合う疾患の最新知識がビジュアルでわかる
    ●アセスメント項目と根拠を理解し、子どもと家族の全体像がつかめる
    ●関連図で整理し、根拠に基づいた看護計画の立案、評価までできる
  • 発達段階ごとの子どもの看護の視点
    病期ごとの子どもの看護の視点
    小児の看護過程のポイント

  • 呼吸器疾患
  • 気管支喘息 急性期 幼児期
  • 細気管支炎 急性期 乳児期
  • 肺炎 急性期 学童期
  • 循環器疾患
  • 先天性心疾患:ファロー四徴症 急性期 乳児期
  • 川崎病 急性期 幼児期
  • 脳神経疾患
  • 脳性麻痺 慢性期(医療的ケア児) 学童期
  • 消化器疾患(感染症)
  • 乳幼児嘔吐下痢症(ロタウイルス感染症) 急性期 乳児期
  • 内分泌代謝疾患
  • 糖尿病 慢性疾患の急性期 学童期
  • 腎泌尿器疾患
  • ネフローゼ症候群 慢性期 幼児期
  • 血液疾患
  • 白血病 急性期 幼児期
  • 運動器疾患
  • 骨折:上腕骨顆上骨折 周手術期 学童期

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧