1. TOP >
  2. 書籍 >

アセスメント・看護計画がわかる 症状別看護過程 第2版

著者名 編著/小田正枝
ISBNコード 9784796525435
判型/頁 AB/400頁
定価 3,410円(本体:3,100円+税)
発売日 2021/09/30

この本の内容

  • 臨床でよく遭遇する26の症状について、症状が起こるメカニズム(病態生理)、病態・ケア関連図、観察ポイントとアセスメントの根拠、看護計画の立案、看護ケアをわかりやすく解説しました。
  • 特徴
  • ・よく出合う症状のメカニズム・分類・原因などの病態生理がビジュアルでわかる
    ・病態・ケア関連図で原因から随伴症状・観察項目・ケアまでひとめでわかる
    ・アセスメント項目と根拠を理解し、症状に対応した看護計画が立てられる
    ・「その患者さんに必要なケア」を身につけることができる
  • とりあげる症状
  • 呼吸困難
  • 咳嗽・喀痰喀出困難
  • 不整脈
  • 高血圧
  • 意識障害
  • 発熱
  • 口渇・脱水
  • 浮腫
  • 運動麻痺
  • 嚥下障害
  • 言語障害
  • 食欲不振
  • 悪心・嘔吐
  • 吐血・下血
  • 便秘
  • 下痢
  • 排尿障害
  • 頭痛
  • がん性疼痛
  • 易感染
  • 不眠
  • 褥瘡
  • 掻痒感
  • 視力障害
  • 貧血
  • 出血傾向

  • ※各症状の細目次に下記5項目が統一して入ります
    1.症状が起こるメカニズム
    2.病態・ケア関連図
    3.観察ポイントとアセスメントの根拠
    4.看護計画の立案
    5.看護ケア

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧