1. TOP >
  2. 書籍 >

ナースが書いた 看護に活かせる脳画像ノート

著者名 著/久松正樹、医学監修/上山憲司、前田理名
ISBNコード 9784796524995
判型/頁 B5/128頁
定価 本体2,000円+税
発売日 2020/10/30

この本の内容

  • 「ナースが書いた 看護に活かせるノート」シリーズ第5弾。脳画像の基本的な見方から、脳の解剖生理、病態や症状との関連など、難しい医学知識をベテランナースが経験をもとに解説。だから、看護に活かせます! 脳って難しいから苦手・・・症状の評価がよくわからない・・・というときはまずこの1冊! 難解な脳のメカニズムを楽しく、わかりやすく理解できます。
  • 1 基本となる脳画像
  •  1 脳画像を学ぶ前に
  •  2 脳画像を見るコツをおさえよう
  •  3 おさえておきたい6つの画像
  •   ,靴錣見えたら、中心溝
  •   ▲呂了が見えたら、側脳室の天井
  •   Yの字が見えたら、大脳基底核と視床
  •   ぅ優坤澆見えたら、中脳
  •   イ討襪討詼啓腓見えたら、橋と小脳
  •   Φ侫蓮璽箸見えたら、延髄
  • 2 脳画像から脳の解剖生理を学ぼう
  •  1 ハの字レベルには、脳内の路線図がある
  •  2 ハの字の延長線上には、角回と縁上回
  •  3 Yの字レベルで見える大脳基底核と視床
  •  4 Yの字レベルで見える言語中枢
  •  5 ネズミに見える中脳の下丘・上丘
  •  6 橋の位置関係は脳室の形で覚えよう
  •  7 橋と小脳の関係
  •  8 脳血管の支配領域
  • 3 CT vs MRI 脳画像の特徴
  •  1 CTにはどんな特徴があるの?
  •  2 MRIにはどんな特徴があるの?
  •  3 MRAの基本的な見方
  • 4 画像をケアに活かす 脳卒中と脳画像あれこれ
  •  ケース めまいを訴えたら小脳の病変を疑う!
  •       “小脳は脳幹と接している”がポイント!
  •  ケース 軽い麻痺でも注意が必要!
  •       BADタイプか否か?
  •       その所見画像は何枚にわたっている?
  •  ケース 眼の動きをアセスメント
  •       その根拠に画像を使う!
  •  ケース 視床出血は水頭症になるとドレーン挿入
  •       モンロー孔や中脳水道に注目!

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧