PICCナビゲータ

試し読み

適応・挿入手技から管理まで

PICCを安全に挿入し、万全に管理するための方法がこの1冊に!“IPエコー”を使った実践的PICC挿入・管理ナビゲーション

ご注文

3,520円(税込)

医書.jpで電子版を購入

医書JP
著者 井上善文 編著
ジャンル 臨床医学  > 臨床外科  > 手術
出版年月日 2022/02/21
ISBN 9784796525541
判型・ページ数 B5・176ページ
定価 3,520円(税込)
内容紹介
目次
●PICCは、“末梢から挿入する”「中心静脈カテーテル」であるため、中心静脈栄養を行うための基本的な知識と技術を解説。
●カテーテル挿入を安全に行うために開発された機器である “IPエコー”を使用した挿入の具体的な手順を詳述。
●安全管理のポイントは、カテーテル関連血流感染症(CRBSI)の予防。挿入部・輸液ラインの管理方法についても解説。
第1章 PICCの基本を理解する 
CVCとは何かを理解する
CVCの分類
カテーテルの基本的な挿入方法を理解する
「そもそもPICCとは?」について理解する
なぜPICCが注目されているのかを理解する 

第2章 PICCをさらによく知るためのQ&A 
PICCの導入について
わが国のPICCの状況
PICCの適応
PICCと感染
肘PICCと上腕PICC
PICCと合併症
PICCの具体的技法
PICCと看護 

第3章 ニプロIPエコーの開発 
エコーガイド下上腕PICC法の実施
血管穿刺用エコーの開発に取りかかる
IPエコー開発に向けての取り組み
IPエコーの原理
IPエコーを用いて血管穿刺手技を実施してみる
IPエコーの他領域への応用とこれから 

第4章 上腕PICC法の実施手順ナビゲータ 
上腕PICC法の実施手順 

第5章 PICC留置期間中の管理 
CRBSI予防対策を基本とする
カテーテル挿入部の管理方法
輸液ラインの管理方法
TPN実施中の輸液・薬剤投与
PICC留置期間中の合併症とその対策 

第6章 PICCを用いたTPNナビゲータ 
症例でみる、PICCを用いたTPN  
PICCナビゲータ

この本に関するお問い合わせ・感想

エキスパートナースWeb
プチナースWEB
看護学 学習参考書ご採用検討資料はコチラ
照林社メールマガジンのご案内
正誤表・修正のお知らせ
医教
ブンナビ看護(文化放送就職ナビ)
看護師 転職 看護roo!(カンゴルー)
na-su.com(ナースコム)
Nurse Partners
ナースの星 Q&Aオンライン