テレナーシングガイドライン

試し読み

テレナーシングを進める上で必要な知識と技術を、エビデンスを含めて紹介する実践ガイドライン。

ご注文

990円(税込)

医書.jpで電子版を購入

医書JP
著者 一般社団法人 日本在宅ケア学会
ジャンル 基礎看護  > 看護管理・経営学  > テレナーシング
出版年月日 2021/09/27
ISBN 9784796525442
判型・ページ数 A4・48ページ
定価 990円(税込)
内容紹介
目次
COVID-19感染爆発により病院医療が逼迫度を増す中で、遠隔医療・遠隔看護の必要性がますます高まっている。
遠隔看護は「テレナーシング」と呼ばれ、在宅ケアを必要とする療養者に対して、居宅から離れた場所で、看護職がICT(情報通信技術)を活用して看護を提供するもの。
テレナーシングを進める上で必要な知識と技術を、エビデンスを含めて紹介する実践ガイドライン。
第1章 テレナーシングとは
第2章 情報通信技術(ICT)とリスク管理の基本
第3章 テレナーシングの関連法規と倫理
第4章 テレナーシングの実践方法
第5章 テレナーシングのエビデンスと推奨
第6章 テレナーシングを利用する方々へ
テレナーシングガイドライン

この本に関するお問い合わせ・感想

エキスパートナースWeb
プチナースWEB
看護学 学習参考書ご採用検討資料はコチラ
照林社メールマガジンのご案内
正誤表・修正のお知らせ
医教
ブンナビ看護(文化放送就職ナビ)
看護師 転職 看護roo!(カンゴルー)
na-su.com(ナースコム)
Nurse Partners
ナースの星 Q&Aオンライン