黒田裕子の入門・看護診断 改訂第3版

試し読み

看護診断の基礎知識から、臨床実践への活用のしかたまで具体的な事例にそって、アセスメント、診断、介入、評価の流れを解説。

ご注文

2,420円(税込)

医書.jpで電子版を購入

医書JP
著者 黒田裕子
ジャンル 基礎看護  > 看護過程・看護診断・看護記録  > 看護診断
出版年月日 2018/06/20
ISBN 9784796524384
判型・ページ数 B5・176ページ
定価 2,420円(税込)
内容紹介
目次
看護診断の基礎知識から、臨床実践への活用のしかたまでがよくわかる。
具体的な事例にそって、アセスメント、診断、介入、評価の流れを、わかりやすく解説。
「NANDA-I看護診断2018-2020原著第11版」、「看護介入分類(NIC)原著第7版」、「看護成果分類(NOC)原著第6版」に準拠。
第1部 看護診断の基礎知識
 1 看護過程とは? 看護診断とは?(どうして看護診断なの?)
  看護過程とは
  アセスメントとは
  全体像とは
  ケアプランとは
  看護診断と健康問題
  NANDA-I看護診断による「問題」の表現
  分類法とは
 2 NANDA-I看護診断をわかりたい!
  NANDA-I看護診断は何を意味している?
  NANDA-I看護診断を組み立てているもの
  診断指標の捉え方
  関連因子の捉え方
  リスク型看護診断とは
  ヘルスプロモーション型看護診断とは
  シンドロームとは
 3 看護診断分類法Ⅱの考え方
  NANDA-I看護診断分類法Ⅱとは
  NANDA-I看護診断を分類している領域と類
  ヘルスプロモーションとは(領域1)
  領域2~5のアセスメント
  自己知覚とは(領域6)
  役割関係とは(領域7)
  領域8~13のアセスメント
 4 看護過程の再点検
  NANDA-I看護診断を用いる看護過程
 5 看護介入と看護成果
  看護介入と看護成果の分類法とは
  NICを学ぼう
  NOCを学ぼう
第2部 看護診断の臨床実践への活用のしかた
 1 NANDA-NIC-NOCを事例に使ってみよう!
  簡単な事例で看護診断を考えてみよう!
 2 ヘルスプロモーションのアセスメント
 3 自己知覚のアセスメント
  領域6“自己知覚”の3つの類
 4 コーピング/ストレス耐性のアセスメント
 5 成長発達のアセスメント
 6 全体像の描写、そして看護診断
  関連図から全体像を描く
  M氏の“健康問題に対する反応”を考える
 7 NOC(看護成果分類)とは? NIC(看護介入分類)とは?
 8 看護診断からNOC、NICへ
  “自尊感情状況的低下リスク状態”の看護成果と看護介入をNOCとNICから考える
 9 実施と評価
  実施と評価とは
  看護介入(1) アセスメント
  看護介入(2) 奨励・援助
  成果指標による評価

●看護診断Q&A
●本書に出てくる看護診断にかかわる用語

COLUMN
 看護診断の背景にある中範囲理論
 発達理論とは
 ストレス-コーピング理論とは
黒田裕子の入門・看護診断 改訂第3版

この本に関するお問い合わせ・感想

エキスパートナースWeb
プチナースWEB
看護学 学習参考書ご採用検討資料はコチラ
照林社メールマガジンのご案内
正誤表・修正のお知らせ
医教
ブンナビ看護(文化放送就職ナビ)
看護師 転職 看護roo!(カンゴルー)
na-su.com(ナースコム)
Nurse Partners
ナースの星 Q&Aオンライン