1. TOP >
  2. 書籍 >

イラスト みんなの感染対策

著者名 著/下間正隆、小野保、近藤大志、澤田真嗣
ISBNコード 9784796523721
判型/頁 AB判/224頁
定価 本体2,400円+税
発売日 2016/02/23

この本の内容

  • 感染対策で大切なことが、イラスト図解でよくわかる。
    医療者が患者さんの立場に立って感染対策に関する情報を共有し、行動するための知識と具体策をわかりやすく解説。
  •  ■感染対策のきほん
  •   ・院内感染を正しく理解して、適切に行動する
  •   ・今は「手指消毒」の時代
  •   ・手指消毒をすればするほど職員の生活が安定する
  •   ・標準予防策は、自分と患者のために行う
  •   ・3つの感染経路
  •   ・接触感染対策
  •   ・飛沫感染対策
  •   ・空気感染対策
  •   ・感染からあなたを守るPPE
  •   ・サージカルマスクとN95マスク
  •   ・コンタクトポイントは、1日1回以上アルコール消毒する
  •   ・“おまる”も使い捨ての時代へ
  •   ・感染性廃棄物
  •   ・スポルディングの時代からディスポーザブルの時代へ
  •  ■耐性菌
  •   ・MRSA対策を理解しなければ、院内感染対策は理解できない/li>
  •   ・薬剤耐性菌は、院内感染のレベルを超えて、人類全体の問題となっている
  •  ■アウトブレイク
  •   ・アウトブレイクとは…
  •   ・アウトブレイクを起こさないためには…
  •   ・アウトブレイクが起こったときは…
  •   ・我々は、どのようにしてVREのアウトブレイクを終息させたか
  •   ・医師も積極的に参加したICUのMRSAアウトブレイク対策
  •   ・ノロウイルスのアウトブレイクを起こさないための感染対策
  •   ・インフルエンザのアウトブレイクを起こさないための感染対策
  •  ■細菌と抗菌薬
  •   ・細菌の混乱は、グラム染色ですっきり
  •   ・血液培養は、異なる部位から最低2セット(ボトル4本)採取する
  •   ・思いがけずに患者が発熱したら…
  •  ■職務感染の予防
  •   ・針刺し損傷は、ワクチンで予防して、常に身構えて、適切に行動して防ぐ
  •   ・病院職員の予防接種は、自分と家族、患者と同僚、病院を守る
  •   ・結核は疑わなければ診断できない
  •  ■その他
  •   ・感染対策ソフトで情報を共有し、職員全員で感染対策を推進する
  •   ・感染症法と食品衛生法
  •   ・各種感染症の就業制限一覧
  •   ・外部営業者に対する感染対策教育も必要

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧