1. TOP >
  2. 書籍 >

がん疼痛治療薬 まるわかりBOOK

著者名 編著/細矢美紀、里見絵理子、岡本禎晃
ISBNコード 9784796524216
判型/頁 B6判/336頁
定価 本体2,200円+税
発売日 2018/02/07

この本の内容

  • ●がん疼痛マネジメントの要である薬物療法(オピオイド、NSAIDs、鎮痛補助薬など)について、ナースが知っておきたいポイントをまとめました。
    ●効果的な薬の使い方、副作用対策や安全管理はもちろん、患者指導のポイントも、がん看護のエキスパートが臨床例に基づいて解説。
  • ■総論:「がん疼痛治療」とは
  • ■疼痛治療薬の知っておきたいポイント
  •  強オピオイド
  •   モルヒネ
  •   オキシコドン
  •   フェンタニル
  •   メサドン
  •   タペンタドール
  •   ヒドロモルフォン
  •  その他のオピオイド
  •   コデイン
  •   トラマドール
  •   ブプレノルフィン
  •   ペンタゾシン
  •  非オピオイド
  •   NSAIDs
  •   アセトアミノフェン
  •  鎮痛補助薬
  •   抗うつ薬
  •   抗けいれん薬
  •   抗不整脈薬
  •   麻酔薬
  •   筋弛緩薬
  •   ステロイド
  •   その他
  • ■オピオイドによる副作用への対策
  •  消化器系の副作用への対策─薬物療法を中心に─
  •   悪心・嘔吐
       予防・治療薬
  •   便秘
       予防・治療薬
  •  その他の副作用と対策
  •   眠気
  •   排尿障害(尿閉、排尿困難、排尿遅延)
  •   せん妄
  •   瘙痒感(かゆみ)
  •   口渇
  •   ミオクローヌス
  •   過量投与による症状(1):傾眠
  •   過量投与による症状(2):呼吸抑制
  •   過量投与による症状(3):オピオイド誘発性痛覚過敏
  • ■安全管理と患者・家族指導
  •  オピオイド導入時の患者・家族への説明
  •  微量ポンプの使い方
  •  痛みがとれたときのオピオイドの減量方法
  •  在宅でのオピオイド管理
  •  オピオイドを使用している患者が海外に行くときの対応
  • ■疼痛マネジメントが難しい患者への対応
  •  突出痛
  •  消化管閉塞による痛み
  •  骨転移による痛み
  •  しびれを伴う痛み
  •  臓器機能(腎機能、肝機能)が低下した場合
  •  治療や病状変化により、経口摂取ができなくなった場合
  •  皮膚トラブル─皮下注射・貼付剤使用時─
  • ■薬物以外の疼痛治療法
  •  神経ブロック
  •  骨セメント
  •  放射線治療

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧