1. TOP >
  2. 書籍 >

消化器ナースのギモン

著者名 編/西口幸雄、久保健太郎
ISBNコード 9784796524063
判型/頁 B5判/256頁
定価 本体2,500円+税
発売日 2017/05/19

この本の内容

  • ◦看護師が臨床現場で抱く疑問を集め、医師や看護師など多職種が、それぞれの視点で回答。
    ◦指示の根拠や看護ケアのエビデンスを知ることで、観察ポイントやコツがわかる。
    ◦新人ナースの素朴な疑問から、ベテランナースが抱く細かい疑問まで、幅広く網羅。
  • Part 1 疾患別のギモン
  •  1 食道がん
  •   VATSやHALS って何?
  •   術中にステロイドを投与するのはなぜ?
  •   胸部の手術創は右側だけでも、左右両側に胸腔ドレーンが入っている場合があるのはなぜ?
  •   術後に肺の合併症が多いのはなぜ? どうすれば予防できる?
  •    ほか
  •  2 胃がん
  •   幽門側胃切除の場合、ドレーン挿入部はウィンスロー孔と吻合部後面どちらでもいいの?
  •   ドレーン排液のアミラーゼ測定を行うのはなぜ?
  •   胃全摘術後に左胸水がたまることが多いのはなぜ?
  •   胃がんの術後に飲水や食事開始が遅いのはなぜ?
  •    ほか
  •  3 大腸がん
  •   どのようなときに術前の抗菌薬を内服するの?
  •   経肛門ドレーンは何のために挿入するの?
  •   直腸の術後に膀胱留置カテーテルを抜去するのが遅いのはなぜ?
  •   ERAS って何?
  •    ほか
  •  4 イレウス
  •   閉塞性イレウスで金属音が聞こえるのはなぜ?
  •   吐物やイレウス管排液の色が、透明、黄色、緑色、茶色などさまざまなのはなぜ?
  •   イレウスの際に、経鼻胃管を挿入する場合とイレウス管を挿入する場合があるのはなぜ?
  •   イレウス管は鼻で固定するほうがいいの?
  •    ほか
  •  5 ヘルニア
  •   鼠径ヘルニアの除毛はどれくらいの範囲に行えばよい?
  •   鼠径ヘルニア手術で、鼠径部を切開する場合と腹腔鏡を用いる場合があるのはなぜ?
  •   異物であるメッシュを入れても感染しないの?
  •    ほか
  •  6 腹膜炎
  •   腹膜炎を看護師でも簡単に見きわめられる所見は?
  •   腹膜炎が疑われる患者に対して、水分を与えてはだめなの?
  •    ほか
  •  7 消化管出血
  •   食道静脈瘤出血時のEVLとEISはどう使い分けているの?
  •   ENBDやPTCDのチューブ内に空気が入るとよくないの?どのような点に注意して観察したらいいの?
  •   減黄術を行うと便の色はどうなるの?
  •   肝臓と胆道系の血液検査の項目にはそれぞれどのような意味があるの?
  •    ほか
  •  8 炎症性腸疾患
  •   潰瘍性大腸炎の治療法はどうやって決めるの?
  •   クローン病の治療法はどうやって決めるの?
  •   クローン病でエレンタールを用いるのはなぜ?
  •   血球成分除去療法(CAP)って何? 注意すべきことは?
  •    ほか
  •  9 慢性肝炎・肝硬変
  •   腹水穿刺において腹水はどれくらい排液できるの? 注意点は?
  •   「食後の安静臥床」にエビデンスはあるの?
  •   肝硬変患者の便秘予防に、普通の緩下薬ではなくラクツロースを使用するのはなぜ?
  •   肝硬変でアミノレバン®を用いるのはなぜ? 就寝前の投与が勧められる理由は?
  •    ほか
  •  10 肝がん
  •   手術、RFA、PEIT、TAEなど治療法はいくつかあるけれど、どのように決めているの?
  •   肝生検後に安静が必要なのはなぜ?
  •    ほか
  •  11 胆道炎
  •   ERCPの2 〜3時間後に採血するのはなぜ?
  •   閉塞性黄疸の内視鏡的胆道ドレナージと経皮経肝胆管ドレナージは、どのように使い分けているの?
  •   PTCD、PTGBD挿入後に安静が必要な理由は?
  •   メラサキュームなどの吸引で、持続吸引や間欠吸引などの設定はどのように決めているの?
  •    ほか
  •  12 膵臓がん
  •   膵管チューブの完全ドレナージと不完全ドレナージは、どう違うの?
  •   膵管チューブの排液は、術直後は少なく、徐々に増えるのはなぜ?
  •   膵頭十二指腸切除後にドレーン排液のアミラーゼ値を測るのはなぜ?
  •   膵液瘻になるとドレーン排液がワインレッド色になるのはなぜ?しばらくすると灰色に変わる理由は?
  •    ほか
  •  13 急性膵炎
  •   急性膵炎のときに血ガスを調べるのはなぜ?
  •   大量輸液を入れたり、膀胱留置カテーテルを入れたとき、循環動態に注意するのはなぜ?
  •   急性膵炎治療の栄養補給の際、経口摂取ではなく経鼻栄養チューブを用いるのはなぜ?
  •    ほか
  • Part 2 内視鏡のギモン
  •  14 内視鏡検査・治療
  •   内視鏡検査時の絶飲食はいつから?
  •   検査時に抗血栓薬を止める場合と止めない場合があるのはなぜ?
  •   内視鏡検査時にブチルスコポラミンを使うのはなぜ? 禁忌は?
  •   内視鏡検査時に前投薬を行うのはなぜ?
  •    ほか
  • Part 3 ケアのギモン
  •  15 周術期管理
  •   術前の喫煙がよくないのはなぜ?
  •   指輪は絶対に外すべき? 外れない場合はどうすればよい?
  •   ジェルネイルはどうすればよい?
  •   患者が過去に使っていた弾性ストッキングを持ってきた。今回の手術で使ってもいいの?
  •    ほか
  •  16 ドレーン管理
  •   自然排液のドレーンと陰圧をかけるドレーンの違いは?
  •   メラサキュームなどの吸引で、持続吸引や間欠吸引などの設定はどのように決めているの?
  •   ドレーン排液が少し混濁していても、様子をみてもよいと言われることがあるのはなぜ?
  •   腹水が腹腔内に残っていてもドレーンを抜去していいの?
  •    ほか
  •  17 疼痛管理
  •   NSAIDs投与後2時間経っても痛みが強い場合、鎮痛薬を追加してもいいの?
  •   痛みの閾値が低い患者には、どのように対応すればよい?
  •   NSAIDsは薬剤によって効き目が違うの?
  •   胃痛を訴える患者には、NSAIDsは使うべきではないの?
  •    ほか
  •  18 栄養管理
  •   NSAIDs投与後2時間経っても痛みが強い場合、鎮痛薬を追加してもいいの?
  •   痛みの閾値が低い患者には、どのように対応すればよい?
  •   NSAIDsは薬剤によって効き目が違うの?
  •   胃痛を訴える患者には、NSAIDsは使うべきではないの?
  •    ほか
  •  19 創傷管理
  •   創部のドレッシング材はいつまで貼っておくの?
  •   術後のシャワー浴はいつから行ってもよい?
  •   脂肪壊死と創感染の違いは?
  •   創部洗浄には生理食塩水? それとも水道水?
  •    ほか
  •  20 ストーマケア
  •   マーキングしたところにストーマが造設できないのはどのような場合?
  •   一時的ストーマと永久ストーマの違いは?
  •   ストーマをつくっても肛門から排液がある。これって正常?
  •   ストーマ装具は種類がたくさんあるけれど、何が違うの?
  •    ほか

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧