1. TOP >
  2. 書籍 >

排泄ケアガイドブック

著者名 編/一般社団法人 日本創傷・オストミー・失禁管理学会
ISBNコード 9784796524025
判型/頁 B5判/320頁
定価 本体3,500円+税
発売日 2017/01/31

この本の内容

  • 日常生活ケアの中でも、きめ細かいアプローチが求められる「尿失禁ケア」「便失禁ケア」において、疾患の病態・治療をふまえた上での適切なケア方法を細述。 問診のとり方、排尿日誌のつけ方、アセスメントの仕方、自立支援の方法など、看護師が日常的に行うケアの具体策を現場目線で解説。
  • Part1 排泄の基礎
  •  1.総論
  •   1)排泄ケアの基本的姿勢
  •   2)排泄障害の疫学・QOL
       排尿障害の疫学・QOL
       排便障害の疫学・QOL
  •  2.排泄の病態・生理、症状
  •   1)排尿機能障害
        排尿機能障害の病態・生理
        排尿機能障害の症状(下部尿路症状:LUTS)
  •   2)排便機能障害
        排便機能障害の病態・生理
        排便機能障害の症状
  • Part2 排尿機能障害へのアプローチ
  •  1.アセスメントとそのポイント
  •   1)問診の仕方と注意点
        問診の進め方:目的・環境・内容
        排尿日誌のつけ方と指導法
        質問票
  •   2)ヘルスアセスメント
        ナースが行うヘルスアセスメント
        排泄動作評価
        認知機能評価
  •   3)排尿機能検査
  •  2.治療・ケア
  •   1)排尿自立支援
        トイレ環境の整備、排尿用具の選択、排尿動作支援、排尿誘導
  •   2)看護の実際
        行動療法:生活指導、膀胱訓練、排尿誘導
        骨盤底筋訓練
  •   3)カテーテル管理
        留置カテーテル管理
        留置カテーテルの抜去支援
        間欠自己導尿
        小児の間欠自己導尿
  •   4)薬物療法
  •   5)手術療法
  •   6)電気・磁気刺激療法
  •  3.排尿自立へのアプローチ
  •   1)排尿自立指導料の概要
  •   2)排尿ケアチームのつくり方・動かし方
  • Part3 排便機能障害へのアプローチ
  •  1.アセスメントとそのポイント
  •   1)問診の仕方と注意点
        問診の進め方
        排便チャートのつけ方と指導法
        質問票
  •   2)ヘルスアセスメント
        ナースが行うヘルスアセスメント
  •   3)排便機能検査
        肛門内圧検査、肛門管エコー検査、排便造影検査、大腸・小腸通過時間検査
  •  2.治療・ケア
  •   1)排便コントロール
        下痢のコントロール
        便秘のコントロール
        高齢者(臥床状態)におけるコントロール
        経腸栄養患者におけるコントロール
  •   2)行動療法
        骨盤底筋訓練・バイオフィードバック
        排便行動指導
        臭いへの対応
  •   3)強制排便法
  •   4)薬物療法
  •   5)手術療法
  •   3.便失禁ケア用品の特徴と使い方
  • Part4 スキンケア(IAD:失禁関連皮膚障害へのケア)
  •  1.排尿機能障害のスキンケア
  •  2.排便機能障害のスキンケア
  • Part5 障害受容とセクシュアリティ
  •  1.排泄障害受容とQOL
  •  2.排泄障害におけるセクシュアリティ
  • Part6 排泄管理の事例
  •  1.中枢機能障害
  •  2.子宮頸がん術後の神経因性膀胱
  •  3.前立腺全摘出後の尿失禁
  •  4.骨折に伴う機能性尿失禁
  •  5.萎縮性膀胱による頻尿
  •  6.妊娠期・産後
  •  7.骨盤臓器脱
  •  8.小児の先天性疾患:直腸肛門奇形
  •  9.二分脊椎症
  •  10.認知症
  • Part7 コンチネンス外来
  •  1.尿失禁専門外来
  •  2.排便障害専門外来

フリーワード検索

シリーズ一覧

カテゴリー一覧